So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年日本香堂ご愛用者謝恩観劇ご招待会 [演劇・演芸]

2017.5.11(木)ブログ
 
2017年日本香堂ご愛用者謝恩観劇ご招待会
 
日時:5月11日(木)12:00開演
場所:長崎ブリックホール
 
今年も「ご愛用者謝恩観劇ご招待キャンペーン」に
応募し、当選通知があり観劇出来ました。
 
お弁当 お土産付き
      
DSCF8933.JPG[写真1/1:リーフレット表]
 
  2017
  日本香堂
 
  ご愛用者謝恩
  観劇ご招待会
            
|味の家| の人びと
(ケチのや)
  
花登 筐/作「お初天神」より
吉村正人/脚本・演出
 
 
 
 
    
<配役>
   
「味の家」の女将 久代・(左とん平)

山之内興業社長山之内シズ子・(宮園純子)
  〃  部長の田崎・(曽我廼家八十吉)
虎ノ門銀行常務・(小宮健五)

番頭 の平助・(石倉三郎)
板前頭の山崎・(加納竜)ら板前4人
仲居頭のはつ・(紅壱子)
仲居 のゆき・(芦川よしみ)
    八重・(大原ゆう)
    和子・(速水映人)
    あき・(泉しずか)
 息子賢太郎・(都築謙次郎)
     他    ・(……)
 
<あらすじ> ~~は、アラスジ省略部分
 
昭和四五年のことである。
日本橋浜町の水天宮にある料亭「味の家」の女将久代(左とん平)は、
近所から「味の家」と書いて「ケチの家」と読むと言われるほどの
見事なケチぶり。~~。
夫賢三の忘れ形見の賢太郎は、~~、大阪の老舗料亭で修業に~~
交通事故で急死してしまった・・・それが一年前のことであった。
 
ある日のこと、バーのマダムから身を起こし今や貸しビル業山之内
産業を経営している伝説の女社長山之内シズ子(宮園純子)が訪れ、
レジャービル建設の為「味の家」の売却を進めるが、久代は「売れ
ない訳がある」と話し始める。
その訳というのは、去年死んだ賢太郎には末を交わした女性がいた。
その女性は賢太郎を店を継ぐ決心をさせた人で、事故を聴いて駆け
付けた久代にその名前を言う前に息を引き取ったという。
その女性を何とか探し出して嫁としてこの譲りたい。~~。
その女性というのはどうやら店の仲居らしい。その頃店にいたのは
全部で五人~~。シズ子は部長の田崎を計らって調べ始める。~~。
    
【観劇メモ】
 
*[第1部] 左とん平と愉快な仲間たち
     1.歌(瞼の母)小宮健吾
     2.歌(男と女のラブゲーム)芦川よしみ&加納竜
     3.コント(トコシャベ)左とん平&石倉三郎
     4.踊り(舞台で衣装替え) 速水映人
     5.歌(人間って何だろう?)左とん平
 
*[第2部] 舞台劇「味の家の人びと」(ケチのや)
      ・左とん平・宮園純子・石倉三郎
      ・芦川よしみ・加納竜・小宮健五
    ・曽我廼家八十吉・紅壱子 他
 
 料亭「味の家」=女将、番頭、仲居たちと板前たち
         新入女性。
 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog